「今回は確実に、みんなが喜ぶことをやりたいと思う。それは約束できます。
もちろん同時に、未来に向かう姿も見せたいと思ってますけど」

●PAULさんやLEOさんと会うことは、ときどきあるんですか?
MARCY:PAULとは年末の武道館のイベントのときも一緒でしたけど、3人で同時に会うということは滅多にないですね。あまりにも久しぶりなんで、最後に全員で顔を合わせたのがいつだったのかよく憶えてないくらいですけど(笑)。
●その年末のイベント、『JACK IN THE BOX』の打ち上げの席では、ちょっと熱い話になっちゃいましたよね。
MARCY:そうだね(笑)。でもすごく楽しかった。GLAYのTERUやTAKUROがすごく熱心にEARTHSHAKERを聴いてくれてたことを知ったのも嬉しかったし。実はね、PAULの体調については僕も聞いていたから、ちょっと心配してたんですよ。でも、相変わらずの“あの声”じゃないですか。めちゃくちゃ高いし(笑)。あれを聴いて安心しました。3月1日のライヴについても、本当にこれはすごい機会だなと思うんですよ。この3組が一緒にやるのは実は初めてのことだし、EARTHSHAKERにとっては25周年の記念すべき年でもあるし。実際、この先にはアルバム・リリースも控えてたりするんだけど、まず一個人、一人の音楽ファンとして言わせてもらうと、3月1日は僕自身も44MAGNUMがすごく観たいのね(笑)。MARINOは何年か前にも観てるんだけど、44MAGNUMは本当にずっと観てないからね。
●肝心のEARTHSHAKERのステージはどんなものになるんでしょう?
MARCY:みんなが聴きたい曲は絶対やります。僕らの場合、新しい曲ばかりやることもできるけど、今回は確実にみんなが喜ぶことをやりたいと思う。それは約束できますね。もちろん同時に、未来に向かう姿も見せたいと思ってますけど。
●実際、ニュー・アルバムも完成間近なんですよね?
MARCY:うん。このインタビューが皆さんの目に届く頃には、マスタリングも含めてすべて完了してるはずですね。僕らも25年やり続けてきて、いろんなことを学んできたし、当然、その間にはレコーディング技術も進んできてるわけだけど、今回は、録り終えたものをパッと再生してみたらもう「すべてがEARTHSHAKER」という感じでしたね。この25年間のEARTHSHAKERが全部入ってるという感じ。いつもアルバム作りのときは自分の描いたイメージに近付けようとしながら仕上げていくんだけど、今回はそれすらも超えてしまった気がする。設計図以上のものにできたというか。なので、アルバムのほうも楽しみにしててください。詳しいことはまた改めてお話ししましょう(笑)。
(取材・文/増田勇一)


Copyright (C) JAPAN HEAVY METAL FANTASY. All Rights Reserved.