『ココロを決めるのは今。3月1日、中野サンプラザホールに集結せよ!』

 いよいよ本当に秒読み段階まで迫ってきた『KANSAI NAGURIKOMI GIG 2008』。あなたのココロの準備はもうすでに整っているだろうか? 当日、着ていくべきTシャツはセレクト済みだろうか? 愛着深い楽曲たちの歌詞の“復習”に、ぬかりはないだろうか?
 このライヴが、単なる同窓会的な懐古趣味のものではない事実については、少なくともこのオフィシャル・ウェブサイトをのぞきに来てくれたことのある皆さんに対しては、改めて説明するまでもないだろう。44MAGNUM、EARTHSHAKER、そしてMARINO。各バンドを代表して、それぞれのフロントマンであるPAULとMARCY、LEOの3人がインタビューのなかでも語ってくれていたとおり、彼らはこの2008年3月1日という日を、そして東京・中野サンプラザホールという場所を、さまざまな意味での“出発点”としてとらえている。
 もちろんそれは、過去と訣別するとか、新曲ばかり披露するとか、そういった意味ではない。いずれのバンドも当日のセット・リストは“あの頃”を語るうえで欠かすことのできない楽曲たちを中心軸に据えたものになるはずだ。が、大事なのはそれらがノスタルジックなだけの“懐メロ”ではなく、今も錆びついていない“武器”であり、その場に居合わせることになるすべての人たちが共有する“これからも愛し続けていくべきスタンダード”なのだということ。そして、その場を起点としながら、それぞれの出演者たちにも、彼らを取り巻くさまざまな人たちにも、そして客席を埋める皆さんのなかでも、新しい何かが始まるということなのである。
 実は関係者特権というやつのおかげで、僕の耳には当日のライヴにまつわるいくつかの具体的な情報も飛び込んできている。某バンドがリハーサルでこんな曲を演奏しているらしい、とか……。しかし、それをこの場で文字にしてお伝えするのは反則だろう。とにかく皆さんには、期待を最大限に膨らませた状態で、当日、会場に足を運んで欲しい。なにしろ皆さん以上に、出演者たちはワクワク感をつのらせながら開演の瞬間を待ちわびているのだから。
 PAULは当日のステージに思いをはせながら、「まだ誰も観たことのない44 MAGNUMが登場することになる」と言う。MARCYは、3月12日に発売が予定されているニュー・アルバム『QUARTER』の完成度に胸を張り、「みんなが聴きたい曲は必ずやる。そのうえで“未来”も感じさせたい」と言う。そしてLEOは、「俺たちの世代がしっかりしなくちゃいけない。そしてここから何かが始まることになる」と。
 さて、皆さんにとってこの3月1日は、一体どんなふうに記憶されることになるのだろうか? もちろん、記憶する前に絶対的に不可欠なのは「経験する」というプロセス。仮にあなたがこの夜を未経験なまま翌朝を迎えるようなことがあれば、そこにはきっと、大きな後悔が伴うことになるに違いない。最後に事務的な報告をしておくと、限られた枚数ではあるが、当日券も発行される予定だという。決心は、今からでも遅くない。3月1日、中野サンプラザホールに集結せよ!

増田勇一


Copyright (C) JAPAN HEAVY METAL FANTASY. All Rights Reserved.